〒659-0067兵庫県芦屋市茶屋之町6-14 tel&fax0797-31-2023
◆2016月の11月OPEN予定日3.4.5.17.18.24.25.26
営業時間◆10時〜17時
e-mail◆  efuca@re.ciao.jp
FB◆https://www.facebook.com/efuca.bageland
さがそ!おかしのくに!絵本◆https://www.facebook.com/sagaso.ehon
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 業務連絡 | main | わたしだって。。 >>
一年間の「ガンバッタ」をねぎらう月。
大学を卒業して、ずっと「服」の仕事をしていました。
服の世界に、ドップリ、です。

デザインをしたり、仕様書を書いたり、ときには服を解体したり、
そんなふうに、ずっと服に携わるのだろうなぁと思っていましたが、ところがドッコイ。
昔を知る人は、ベーグル屋さんのアルジだと聞くと、みんな目が点になります。

会社という社会の中で、大勢の仲間に囲まれながら服作りに没頭していた日々は、
入社式があり、創立記念日があり、社内旅行があって、ボーナスもあって、
クリスマスパーティーが、賀詞交歓会が、、、
そして、年度末には、年度末の締めくくりがアリマシタ。

同僚という響き、いまでも恋しいものです。
同期という響き、いまでも愛おしいものです。

毎日のように顔を合わせる関係ではなくなったけれど、離れているけれど、
同僚や同期のアタマに「元」を付けるそんな野暮は致しません。
いつまで経っても、タダの同僚・同期です。

そんな彼らの存在があるから、「今」を頑張ることができています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ふと、こんな書きだしになったのは、ネンドマツのツキだから。

区切りの月。
新年度を迎え、入社式を祝う、その前。

年度末は労う月。
勤め人時代、こんな気持ちで3月のこの時期を過ごしていました。
efuca.のアルジとなった今も、春のこの季節、自然と、以前と同じ気持ちになっています。

みなさんの(自分たちも含めて)、この一年間の「頑張ったネ」を、ねぎらいたくて、
わたくし、「わたくしにできるネギライ」を考えてみました。

ベーグルを焼くことには、ほんの少しだけ自信があります。
裏を返すと、ベーグルを焼くことくらい、しかできません。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
というわけで、efuca.のベーグル、今月末もひとり旅にでかけたいと思います。

職場のみなさまと、
素敵な旦那さまと、とかとか。
一年間の「頑張り」を、ベーグルを頬張りながらカミシメテくださいませ。

新年度の活力になるメニューを考えて、捏ねて、焼いて、そしてお届けします。
ご案内は来週、連休の前までには!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
追伸
「同僚・同期のみなさまへ」
いつか、efuca.という新天地でも服を作りたいと思っています。
efuca.でしか作れない服、を。

「お教室の生徒さまたちへ」
みなさまと、ワイワイと楽しみながら作る服。
世界で一枚だけの服を作りましょーよー、の会。

こんなお教室のタイトルをご覧になったら、
ああ、あの日のこの日が来たな、と、今日の日を思いだしてくださいませ。
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/03/12 09:37
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/03/12 22:19
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/03/13 03:46
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/03/16 02:15
COMMENT